MENU

債権整理の基礎知識:闇金には元金もかえす必要なし?

法的には闇金には利息どころか、元金も返済する必要はないとされています。
しかし、それを言ってしまえば相手も商売は成り立ちませんから一個人が法律を盾に返済しないと言っても、簡単に通じる相手ではありません。
元々非合法を承知でお金を貸しているわけですから、相手が返済しないようであれば何をしてくるかというのはわからないものです。

 

いきなり埒をされて海外に売り飛ばされる、あるいは臓器を取られて売られてしまうなどといったドラマのようなことはないにしても、そこからどのような嫌がらせを受けるのかというのはわかりません。
直接的な暴力を振るわれるということはないにしても、精神的に相当厳しく追い込まれるということは想像に難くありませんから、返済義務がないからと突っぱねても簡単に闇金から逃れることは難しいものです。

 

その一方で闇金が一番恐れているのは、法律を盾に返済をしないと言われることでもありそこに専門家が介入をしてくるのを最も嫌うものです。
個人が法律を盾にしたところで、相手の神経を逆なでしてしまうだけですがそこに弁護士などの法律の専門家を挟むことによって、闇金の脅威を取り去ることができます。
個人が返済の義務がないといったところで、実際に行われる相手の取り立てなどをやめさせる手段を知っているということは多いものではありませんから、闇金側もそのようなセリフに怯えることなく取り立てをしてきますが、弁護士などが間に入って法的な対応を取るとなれば闇金といえども好き勝手することができなくなるので返済をしなくても済むようになることもあります。

 

闇金からの借金は元金も返済する必要はないというのは間違ってはいませんが、素人がそれを相手に披露したところで余計に事態は悪化することになりますから、間に専門家を挟むようにしましょう。
無法者の闇金ではありますが、専門家が法律を盾に介入してくるのは一番嫌うのでその点をついていくことが借金から逃れる一番の方法となります。