MENU

闇金は違法?

闇金とは完全に違法な犯罪性の高い存在です。通常ローンやキャッシングといったお金を貸す業務を行うには、金融庁に届け出を出して許可を得なければ営業することはできないのですが、闇金業者はそういったことを一切行わずに無登録で営業活動を始めます。つまり最初から犯罪に手を染めることを前提とした非常に悪質な犯罪集団なのです。そしてなぜこのような業者が存在するのかと言えば、残念なことですが利用する人々が存在するからなのです。利用する彼らは特に犯罪者というわけではなく多くの場合一般の方ですが、ある共通点があり、すでに多額の借金を複数のローン会社等から借りている場合がほとんどだということです。いわゆる多重債務者ですが、このような場合の方では通常の金融機関で新たに借金を申し込んだとしても、返済能力への疑念から審査に通ることはほとんどありません。そして大抵においてこのような方々は毎月の返済に苦しんでいる状態で、来る日も来る日もお金のことばかり考えて精神的に余裕のない追い込まれた状態になっていますから、冷静な思考、判断が出来ないことが大変多いのです。こうなるとお金を貸してくれる業者というだけでとても親切な存在に感じてしまい、法外な金利や取り立てで後に地獄のような苦しみが待っていることまで意識が回らずに利用してしまうことになるのです。そしてさらに闇金とかかわるリスクとして挙げられるのは、自分も犯罪を犯してしまう可能性が出てくることなのです。闇金からお金を借りたとしても特にその時点で借りた方が犯罪に加担しているわけではないのですが、闇金からの振り込みがあった銀行口座は犯罪に使用された口座として凍結されてしまうことがありますし、銀行口座や携帯電話を預けるように言われてその通りにしてしまうと、振り込め詐欺等の悪質な犯罪に使われてしまう可能性もあるのです。そうなってしまうと最悪言い訳ができないようなことになってしまい、図らずも犯罪行為に加担してしまうことにもつながるのです。