MENU

電話を着信拒否したらどうなる?

闇金からの電話を着信拒否しても、問題は解決するどころか悪化する可能性すらあります。闇金もプロの犯罪組織ですので、そのようなケースでの対応は考えてあります。

 

考えられるケースとしては、別の電話番号でかけてくる、家族に取立てがいく、会社に電話がかかってくる、自宅に押しかけてくるといったことです。実家の住所・電話番号や、勤務先情報、自宅の住所などを教えている場合には被害が拡大する可能性があるのでやめておきましょう。知られている情報が電話番号だけといったケースでは、着信拒否をするのではなく電話番号をかえることで取立てが止まる可能性もあります。しかし、闇金は裏のつながりを持っているので、電話番号だけでも個人情報が調べられてしまうかもしれません。

 

闇金の電話を着信拒否しようかと考えいてる人が知っておくべきなのが、闇金は違法業者なので、金銭消費貸借契約は無効になるということです。契約が無効になるのですから、利息の支払い義務はありません。借りたお金については、理由なく支払われたお金ということになるので、返還をして元の状態に戻すのが基本です。なので、元本だけは返済してしまって、後は契約は無効なので支払わないという姿勢で良いのです。しかし、闇金もプロなので、簡単には引き下がらないかもしれません。そんなときは、弁護士に相談をしてみましょう。力の強い弁護士が出てくると、闇金もおとなしく引き下がる可能性が高いです。