MENU

自己破産しても闇金から電話がくる理由

自己破産をした後に闇金からの電話があるということはあまり珍しいことでもありません。
もちろん借金で苦しんだ末に自己破産をした人からすると連絡をされたくないと感じることでしょうが、闇金業者にとって自己破産をした人と言うのは格好の獲物なのです。
ではどうしてそうなるのかというと、重要なのは「自己破産はお金に困っているから行うものである」ということです。
もし仮に手元に何百万円もの現金があって借金を完済することが出来たというのであれば、誰も自己破産を選ぶことは無いでしょう。
そのため自己破産をしたということはお金に困っている、もしくは困っていたということの証明になります。
また自己破産をした人は最長で10年間、消費者金融からも銀行からも融資を受けられなくなりますから、人によっては「新しく借金できる場所は無いのか」と考えることもあります。
闇金はそうしたお金に困っている人に貸し付けて高金利で利息を奪うことが目当てなのですから、やはり闇金にとっては格好の獲物と言うことになってしまうわけです。
ただ実際のところ、連絡が来たから何か困ることがあるのかと言われるとそうでもありません。
利用しなければ利息が取られるようなことも無いのですから、来た電話をすぐに切ってしまえば良いのです。
もちろん個人情報が違法な業者に知られているということは問題でしょうが、これは破産手続きの際に官報に個人情報が掲載されることを考えると多少仕方ない部分があります。
もし闇金の誘惑に負けてしまうとまた債務者としての生活に逆戻りですから、強い意志をもって断るようにしましょう。