MENU

自己破産したら闇金の取り立てはなくなるか?

自己破産は裁判所に申し立てを行うことで、借金の免責を受けることのできる救済措置です。収入が不十分でどうしても借金の返済ができず、生活が破綻する可能性があると認められた人にのみ利用できる制度で、法的に認められた借金踏み倒しの方法とも言えます。そのため、個人や法人に関係なく、全ての借金に対して免責が認められるのですが、闇金に関しては効力を持っていません。そもそも闇金は法的にまっとうな商売をしているわけではなく、違法なのを承知の上で取り立てを行っているため、免責許可を受けたからといってその手を止めることはないのです。とはいえ、自己破産をしたということは、手持ちがほとんどなく、回収できる可能性が低いので場合によっては取り立てをやめることもあります。また、免責を受けたということは民事的に支払い義務がなくなるので、継続して取り立てをすれば犯罪行為となってしまい、警察も強い姿勢で対応してくれます。そうなると、警察の手入れが入る可能性が高まり、ただでさえ違法行為によって逮捕されるリスクがあるのに、それ以上のリスクを被ることになることから、お金が回収できそうという事情がない限りは諦めるのが一般的です。どうしても取り立てが収まらないという場合は、警察や弁護士に相談すればすぐに解決できるでしょう。注意すべきは破産した後、更に貸し出しをしてくる業者で、再びお金を借りてしまうとしばらくは免責を受けることもできず、警察もその後の問題については民事のため介入してくれないので気をつけなくてはいけません。