MENU

自己破産のデメリット

自己破産をすることで借金問題を解消することが可能です。免責を受けることができますので、借金の返済が困難になった時に適している対処方法と言えます。ただその反面、知っておくべきデメリットもあります。
その他の債務整理の手続きにも言えることですが、新たな借入やローンの利用をすることが難しくなることです。自己破産をしたという事実は信用情報機関にデータとして残ってしまいますので新規の借入などができず、大きな買い物をする時にも苦労してしまいます。しかしながら一生情報が残るわけではなく、数年経過することによって情報が消えて制限はなくなります。
連帯保証人に迷惑になってしまうのもデメリットです。
自己破産をすれば当人の借金は整理することができますが、しかし連帯保証人に関しては責任が残ってしまいます。つまり自己破産をしたことによって、連帯保証人に返済義務が移り取り立てなどがされてしまうのです。しかし、連帯保証人も同時に破産手続きをすることも可能ですので、どのように対処をするのが良いのか連帯保証人と相談をしてみることも大切と言えます。
財産を失ってしまのもデメリットの一つ。
自己破産をされてしまった場合、債権者からすれば返済がされない事態に陥ってしまいますが、それでは貸す方も救われません。それゆえに少しでも借金を返済する為に債務者の財産を処分して返済に充てる必要が出てきます。その為、一定の財産は失うことになりますし、手続きをする際には色々な物がなくなることを覚悟しなければいけないのです。