MENU

闇金の押し貸しとは?

闇金業者のアプローチの手段の一つに「押し貸し」と呼ばれるものがあります。これは、本人に借りる意思がないのにもかかわらず、闇金業者が金融機関の口座に勝手に少額のお金を振り込んで、その後違法な利息をつけて返済を求めてくる方法です。
闇金業者が押し貸しを行うことができるのは、ターゲットとしている個人の連絡先と金融機関の口座に関する情報を保有している場合です。闇金業者は、不特定多数にダイレクトメールで勧誘を行い、それに引っ掛かるのを待つ方法や、過去に闇金業者からお金を借りた個人の情報から押し貸しをする人を選び出す方法、情報漏洩事件などの際に流出した情報をもとに銀行口座に関する情報を調べあげる方法などを用いて、押し貸しをするのに必要な情報を手に入れています。
押し貸しは突然行われるため、動揺してしまってどのように対処をすれば良いかまで頭が回らない被害者も少なくありません。しかし、携帯電話会社に電話番号の変更を申し込み、利用された金融機関の口座を解約して新たに口座を開設する手続きを行えば、押し貸しを防ぐことができ、被害にあったとしてもそれ以上の被害拡大を防止することができます。また、既に被害にあってしまった人は、闇金問題の対処に関して実績がある弁護士か司法書士に相談すれば対応してもらえることも多いです。ただし、弁護士や司法書士のもとに相談や事案解決の依頼をしに行った場合は、着手金や成功報酬を支払わなければならないので、予め十分なお金を用意した上で法律事務所や司法書士事務所に行くようにしましょう。