MENU

解決方法は弁護士に依頼

多額の借金を抱えて行き詰ると、精神的にも追い込まれ正常な判断が出来なくなってしまいます。
とくに闇金からの借金は利息も法外に高く、計画的に返済していくことが容易ではありません。それこそが闇金のワナであり、高額の利息だけを払い続けるのがやっとの状態にさせ、元金は減らさないままお金をむしりとり続けます。結局いつまでたっても借金は減らず、最終的に破綻を迎えるのです。
そんな状態にまで追い込まれてしまうと最悪の場合、夜逃げや自殺といった極端にネガティブな方法に解決を見出すケースもあります。しかしそんなときこそ冷静になって弁護士に相談してください。
闇金からの借金は、利息はおろか元金さえも返す必要はありません。返す必要の無いお金を必死に工面する必要など無いのです。そもそも闇金というのは貸し金の登録をしていない違法な金貸し業者を指します。闇金の存在そのものが貸金業法に違反しており、高額の利息も出資法違反です。
こういった違法な金貸しに対しては返済の義務がありませんので、元金ごと踏み倒しても大丈夫ですし、それが正解です。ただ闇金側も踏み倒されないようにあらゆる方法で恫喝してきますので、個人で対抗するのは勇気がいるでしょう。
闇金に強い弁護士に相談すれば、法的手段で取り立て行為を即日ストップさせ、二度と手出しできないようにしてくれます。そして違法な貸し付けには支払いの義務がないことをはっきりさせ、解決へと導きます。